2004年07月

先週から

f72a5204.JPG
『絵本をつくろう!~この夏、自分だけの絵本作り~』の講師をしています。
生徒は、小学生。
子供達の感性はとても優れていて、私自身とても勉強になります。
子供の笑顔はくすみがなく、輝いています。
私はその笑顔を見れるだけで、
この仕事を引き受けてよかったなぁと思います。

今日は、私の大好きな絵本
『ぼくの ともだち おつきさま』の、読み聞かせをしました。

今度又こんな講師ができるなら、
私が、絵本作家として出版した絵本を、読み聞かせたいです。

ネタ合わせ

8/1の地元の祭りで、漫才をします。
今日は、相方とネタ合わせをしました。

普段の私は、どちらかと言うと『ボケ』なんですが、
今回は『ツッコミ』担当です。

ネタ自体は「最高や!」と、うけてるんですが(二人で)、ツッコミがヘタ。
間が悪い。難しい。

ん・・・

どうなることやら・・・

って、あんた
絵描かんと何しとんねん!

この夏は

7b23222d.JPG
羽化夏?

朝顔のつるに、サナギができていて気になってた。
このサナギの幼虫時代から知っていた。
黒と赤のトゲトゲの毛虫君。
はっきりいって、気持ち悪い奴だった。

それが、立派な蝶になりました~!

きれいな『ツマグロヒョウモン』のメス。

毛虫君じゃなくて、毛虫ちゃんだったのね(^^;)

偉いぞ!光器サーシャ

18eb2574.JPG
今朝早く子供達と待ち合わせして、光器サーシャを見に行った。
やはり、羽は曲がったままだけど、ちゃんと生きていた。

偉いぞ!強いぞ!ヤッター!

みんな大喜び!

光器サーシャの朝ごはんは、昆虫ゼリー。

ゆっくり、お食べ。

光器サーシャの命が、子供達に笑顔をくれた。

そんな、ある夏の日。

頑張れ!

4ec57dc2.JPG
夕方6時半、蝉の幼虫が木を登るのを近所の子供達と観てた。
その幼虫、2回落下した。人の手に触れないように助けた。

8時、羽化が始まった。
ゆっくり、背中が割れていった。

8時半、サナギから体が出た途端に又落下。
アリに食われないように、みんなで葉っぱの布団を作った。
蝉の名前は『光器サーシャ』みんなで、つけた。
「光器サーシャ頑張れ!死ぬな!生きろ!」みんなの声援に私は感涙。

9時、羽がだいぶ広がった。

明日の朝、羽が乾いてちゃんと成虫になりますように!
願いを込めて、解散。

世界でたった一つの命を、救えますように。
記事検索
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ