2005年02月

いよいよ終了式

手話教室に通って1年。
明日、レポートを提出すると
いよいよ来週、基礎講座終了式です。

長いようで短かった1年でした。
2回しか欠席できないのが苦でしたが
なんとかクリア。

でも、まだまだ手話はヘタクソ。
というより、理解できないのがいっぱいあります。

英語と同じで、習う物ではなく
慣れる物だといいます。

手話通訳士には、まだまだほど遠いけど
手話を通して、お友達いっぱいできたらいいなぁ。

僕の声

NHKの『しゃべり場』を見ました。
中学生が意見を言い合う番組です。
ここに出る子は、やはりすごい弁舌。

電車に乗りました。
大学生二人が話してました。
日本経済について、
ものすごく賢そうに語り合ってました。

話せる人は、こう言う。
「もっと自分の意見を言いなさい。」
「言わなきゃ、わからないでしょ。」

それって、話を聞きたいだけ?

僕は、思った事が言えません。
でも、心の声は持っている。
心でいつも叫んでいる。

でも・・・

わかってくれとは
思いません。

ホラー映画鑑賞大会

21時からテレビで『呪怨』がありました。
独りでは絶対観れないから
‘夢咲い人’仲間で集まって映画鑑賞会です。
しかもプロジェクターの大スクリーンで!
キョエ~(>0<)

確かに聞いてた通り怖かったです。
家帰って、独りで寝るの怖いかなぁと心配でした。
けど、大勢で観たら楽しくて♪
そっちの記憶の方が大きくて、
もう怖いの忘れてるし~(^^;)



お医者様

歯医者さんの待合室で、ニコじいがニコっと笑って
患者さんの痛みを抑える日も近いです。
詳しくは、又報告しま~す!

ニコじいと医療。
以前から繋がる物があるなぁと思ってました。
むしろ繋がってほしいという希望でありました。
実をいうと、外科医になりたかった私です。
手先が器用なのでオペにあこがれてました。
んな動機なので医者になれる訳ないですが
んな頭も金もないです。ごめんなさい(;.;)

私はいつも病院に行く時は‘病院に行く前に読む本’で
自分の病気を確かめてから行きます。
以前「溶連菌と思うんで検査して下さい。」と医者に言うと
「それは子供の病気で大人はめったにかかりません。
風邪と思いますよ。」と言われました。
でもしつこく検査を要求すると
「一応しときましょうか?はぁ・・」という態度。
はい、ズバリ溶連菌でした。
患者のうったえる気持ちが解ってこそ
本当のお医者様じゃないんですか?

近所に小さな医院が古くからあります。
私がフラフラで這いながらドアを開け
「助けて下さい・・・」と言うと
「大丈夫!僕が助けてあげる!」と言って
先生が自ら点滴を打ってくれました。

先生の言葉と、あのしっかりした優しい笑顔・・・
一生忘れません。
ベッドで涙が出ました。
その涙で、病みも流れ落ちました。

医者とお医者様。
医者は診察する人。
お医者様は、救ってくれる人。

心理学

以前からずっと、心理学など心のケアに興味がありました。
絵画講師をしてますが、ただ絵を教えるだけなら私じゃなくてもいい。
ニコじいという癒しの絵を描いている私にしか出来ない教室がしたいと思ってました。
絵と会話で心のケアができたらどんなにいいか。

アートセラピストという資格があって、その学校に
行こうか思案中でした。

そんな時、たまたまポスターの依頼が来ました。
なんと心理相談員(カウンセラー)の講演会です。
不思議なご縁。
それに、今日行って来ました。

カウンセラーの深田昭一先生は
元暴走族リーダーというすごい肩書き。
内容は、お腹抱えて笑うほど大爆笑でした。
それに、涙の話もあって、
ニコじいに共通するなぁと感じました。

講演後、控え室に通して頂き、スクールの内容を
ほんの少しだけ聞かせて頂きました。

セラピストとは、少し違うかもしれないけど
心理学を、ちゃんと勉強しょうと思います。
記事検索
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ